インプラント治療の特徴

歯科用CTを導入

歯科用CT

当院では、より安全で正確なインプラント治療を行うために、歯科用CTスキャン(3DXマルチイメージマイクロCT)を導入しています。

照射時間が短く、少ない放射線で撮影できる歯科用X線CT撮影装置です。
顎、歯、口腔領域を細部まで3次元画像で立体的に表示することができます。
この3次元画像を患者様にも見て頂きながら、顎の骨の状態確認、どの位置にインプラント体を埋入するのかなどのシュミレーションを行います。

歯科用CT

SimPlant

当院では最先端のコンピュータシステム(SimPlant)を活用してインプラント治療を行っています

当院では最先端のコンピュータシステム(SimPlant)を活用してインプラント治療を行っています

シンプラント(SimPlant)とは、インプラント術前シミュレーションソフトです。
同タイプのシミュレーションソフトとしては、世界中の最も多くのクリニックで利用されているシェアNo.1の信頼性が高いソフトです。
従来のレントゲンの平面画像だけですと、内部の状態を正確に把握することが困難で、実際に手術を行ってから内部の状態に合わせて、予定のインプラント埋入角度を変更しなければいけない場面もありました。
しかしCTの3D画像とシンプラントにより、あらゆる角度から顎の骨を立体的に表示されるため、レントゲン画像では分からなかった骨の形や量などを把握でき、正確な診断が可能となります。

またCT画像より作成する3D画像により、立体的な構造がわかりやすくなり、ご説明する際も患者様の理解度が大幅にアップします。
リアルな画像による治療説明やオペのイメージトレーニングにより、時間を無駄にせず安心で確かなオペを実現することができます。
患者様にとっては、安心・納得した上で、インプラント手術に臨むことができます。

■シンプラントを利用するメリット

シンプラントとサージカルガイドを併用することにより、より正確なオペ方法を選択することができます。
とりわけシンプラントは、世界中の主要メーカーの様々な型のインプラントに対応しておりますので、症例によって異なるインプラントを使い分けることが可能です。

ノーベルガイドシステム

なぜCT検査が必要ですか?

インプラント治療を行う際、顎の骨の厚み・高さ、骨の量などを事前に確認しておく必要があります。
これは、インプラント体を埋め込むのに十分な骨の状態であるかを確認するためです。この確認なしでインプラント手術を行うと、歯肉を切開してから骨の状態が悪くインプラント手術を途中で断念しなければならないことがあります。

それを防ぐために、患者様には顎の骨の状態を事前に確認できるようCT検査をお受け頂いております。

CT撮影装置を保有していない歯科医院では、提携している病院に行って頂き、CT撮影を行って頂く必要がありますが、当院では、歯科用X線CT撮影装置を保有しておりますので患者様にお手間をかけることなく、インプラント治療を行えます。

▲空気清浄システム

まずはお気軽にお問合わせください

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. インプラントの保証
  9. アフターケア

アクセス

048-999-5020

患者さまからのご感想

つくばエクスプレス『八潮』駅すぐ
〒 340-0822
埼玉県八潮市大瀬1-2-1
(つくばエクスプレス『八潮』駅
北口徒歩1分)
インプラントなら埼玉県、三郷、八潮、柏、草加、流山、つくば、松戸、足立区、綾瀬などにお住みの方はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ