インプラント治療の基礎知識
埼玉のインプラントクリニック【今井歯科】 > 骨が少ない時のインプラント

骨が少ない時のインプラント

1.診断と治療計画の提示

ソケットリフト

ソケットリフト

上顎臼歯部の上部には上顎洞があるが、人により洞底線が下方まで伸びているため、インプラント体埋入に必要な量の骨が確保できない方がいらっしゃいます。ソケットリフトはその問題を解決するための骨増成法の一つである。

サイナスリフト

サイナスリフト

顎の骨が著しく足りない場合に行う方法です。
上顎洞粘膜を上顎洞から剥離して挙上、その挙上によってできたスペースに人工骨や他部位から採取した自家骨を移植する事により上顎洞底線の位置をあげ、インプラント埋入手術に必要な骨の厚みを獲得する方法です。

GBR(骨再生)

GBR(骨再生)

顎の厚みや幅が足りない場合に行う方法です。
骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促す治療法です。

まずはお気軽にお問合わせください

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. インプラントの保証
  9. アフターケア

アクセス

048-999-5020

患者さまからのご感想

つくばエクスプレス『八潮』駅すぐ
〒 340-0822
埼玉県八潮市大瀬1-2-1
(つくばエクスプレス『八潮』駅
北口徒歩1分)
インプラントなら埼玉県、三郷、八潮、柏、草加、流山、つくば、松戸、足立区、綾瀬などにお住みの方はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ