インプラント治療の基礎知識

インプラントって?

歯を失ってお悩みの方へ

人は永久歯を失うと、残念ながら二度と生え変わってきません。

そのため、今までは『義歯(入れ歯)』『ブリッジ』などを用いて食事や会話を取り戻すといった方法でしか、その部分を補う事はできませんでした。
しかし、『義歯(入れ歯)』だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタガタいってきたりする場合があります。

このように、歯を失ってお悩みの方にご提供することができる、最新歯科医療の治療方法『インプラント治療(人工歯根)』です。

歯を抜けたままにしておくことの悪影響はこちら

インプラントとは?

インプラント

インプラント(implant)とは、“植え込む”という意味の英語です。
インプラントの仕組みは、歯を失ってポッカリ穴が開いてしまった部分の顎骨へ穴を開け、インプラント体(フィクスチャー)と呼ばれる金属製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工の歯を被せるしくみです。
顎の骨にしっかりとインプラント体を固定する事により、浮かない・ずれない・しっかりとした噛み心地を実現する事が出来ます。

お悩みの解決法

インプラント

インプラントはただ単に骨に埋められているだけではなく、インプラントの素材であるチタンが表面を覆っている酸素の膜を通して顎の骨と直接結合します。
チタンは生体組織に良く適合します。
骨としっかり結合し、歯肉と密着固定したインプラントは、上部につける修復歯のしっかりとした土台となります。

歯を1本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋入します。
従来は健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を削ることなく治療を行うことが出来ます。

歯を何本か失った場合

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。
入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感がなくなります。

歯をすべて失った場合

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食物が入れ歯と歯茎の間にはさまったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

インプラント治療では、皆さんのお口の状態により正しい治療方法を選択し、皆さんのお悩みを解決しニーズにお応えします。

インプラント治療に関する当院のこだわりはこちら

まずはお気軽にお問合わせください

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. インプラントの保証
  9. アフターケア

アクセス

048-999-5020

患者さまからのご感想

つくばエクスプレス『八潮』駅すぐ
〒 340-0822
埼玉県八潮市大瀬1-2-1
(つくばエクスプレス『八潮』駅
北口徒歩1分)
インプラントなら埼玉県、三郷、八潮、柏、草加、流山、つくば、松戸、足立区、綾瀬などにお住みの方はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ