オールオンフォー

All-on-4(オールオンフォー)

動く入れ歯から安定して動かない歯へ。

All-on-4(オールオンフォー)

歯がなくなってしまった方は、ハリガネのついた入れ歯を使うことができません。
つまり入れ歯は動いて、安定しません。そういった方に朗報です。

4本のインプラントを打ってそれに歯を固定することで、食事の時に入れ歯が安定して動かないというものです。
つまり入れ歯ではなく本来の歯と同じように安定して使えるようになりました。

All-on-4(オールオンフォー)は、総入れ歯に変わる画期的な最新のインプラント治療法です。歯をすべて失った患者様に対する治療法はこれまで「総入れ歯」が主流でした。
しかし、「総入れ歯」による食事は違和感を感じる方も多く、外れたりする不安もあります。取り外し式の「総入れ歯」に対して固定式の「インプラント治療」は総入れ歯のような違和感やズレなどもなく、天然歯のような快適な食生活を取り戻すことができます。
  そして、インプラント治療のデメリットである「治療期間」「経済性」「審美性」「外科的侵襲」などの患者様にかかるあらゆる負担を軽減した治療法が「All-on-4(オールオンフォー)」なのです。

オールオンフォーの治療の流れ

歯肉を切開し、顎骨の中央に垂直に溝をあけ、オールオンフォーガイドを取り付けます。
このガイドは、インプラントの正しい位置へのドリリングを行うためのガイドとして使用します。

傾斜角をつけて臼歯部から前歯部に向かってドリリングします。
傾斜角をつけると同時に、オトガイ孔と下歯槽神経をさけて埋入していきます。

インプラントを埋入し、オールオンフォーガイドで角度を確認しながら、角度付マルチユニットアバットメント(インプラントの土台)をつけます。

前歯部に、垂直に2本埋入して、マルチユニットアバットメントを取り付けます。

歯肉を縫合したあと、印象をとります。

石膏模型の上で、アクリルレジン製の上部構造の調整を行います。

最後に、患者様の口腔内に仮の上部構造を取り付け、咬合調整を行って、終了です。

オールオンフォーのメリット

ノーベルガイドを使用したオールオンフォー

ノーベルガイドは、術前に歯科用CTスキャンで撮影した画像から、3D画像作成。その3D画像をもとに、技工所でコンピューターを使って作られる精巧なガイドシステムです。このガイドにはインプラントの埋入場所・角度などの情報が記録され、手術時に正確なインプラントの埋入を導きます。
手術はこのノーベルガイドを歯肉に装着し、歯肉のに小さな穴をあけて行います。ほとんど歯肉を切らずにインプラントを埋入するので、安全に、そして短時間で手術が終了します。傷も最小限に抑えることができるので術後の回復も早まります。

※ノーベルガイドシステムは骨のある人に限ります。

まずはお気軽にお問合わせください

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. インプラントの保証
  9. アフターケア

アクセス

048-999-5020

患者さまからのご感想

つくばエクスプレス『八潮』駅すぐ
〒 340-0822
埼玉県八潮市大瀬1-2-1
(つくばエクスプレス『八潮』駅
北口徒歩1分)
インプラントなら埼玉県、三郷、八潮、柏、草加、流山、つくば、松戸、足立区、綾瀬などにお住みの方はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ