今井歯科Policy

超滅菌・消毒主義宣言

滅菌・消毒は愛です!

お口の中に、入れるものは全て滅菌をし、自分自身が受けたい治療を徹底してご提供しております。開業当初からのこだわりに関してご説明いたします。

使い捨てにできないものは?

使い捨て可能のものは全て使い捨てにしています。
例えば、あなたが直接ふれるコップやエプロン。
歯科医師・歯科衛生士が使用するグローブは患者様ごとに必ず交換しています。

皆様の安心のため、今井歯科では滅菌・消毒を徹底しております!

使い捨て器具の使用

病気の人の歯の削りかす、血液、だ液が、いろいろな機械器具を介して、感染症を引き起こす可能性があることは、以前からさまざまなメディアで取り上げられ、特に15年ほど前よりアメリカを中心に言われるようになりました。

この中には、エイズやB型肝炎、C型肝炎などの危険な病気も含まれており、近年さまざまなウィルスによる院内感染が問題となってきています。

しかし、しっかりとした対策をすれば院内感染はまったく恐くはありません。

例えば、治療が始まると必ず出てくる「ピンセット」「ミラー」の完全滅菌
あなたが直接ふれるコップやエプロンは必ず使い捨て、歯科医師・歯科衛生士が使用するグローブ(手袋)は患者様ごとに必ず使い捨てここまでは当然のことと思います。(おかげさまで、埼玉県最大手の歯科医療廃棄物業者様から『今井歯科さんは一般的な歯科医院の4倍以上の医療廃棄物が出る!』と言われています。つまり、それだけ、使い捨ての器具やグローブ(手袋)の量があきらかに多いとゆうことです。これは何を意味するのでしょうか?考えてみて下さい。)

しかし、今井歯科では、さらにその上の超滅菌・消毒主義を徹底しております。

『超滅菌・消毒主義』

それは・・・『歯科でなかなか難しいとされる部分の機器類の滅菌をしています』さらに、『吸気(だ液や血液やお水を吸う)と排気(歯を削ったり、お掃除したりする水や空気が出る)を完全に分離しております』

この滅菌こそが感染対策に非常に重要であり、私たちのこだわりの一つでもあります。(そのためには医院建築の時点から、細かい配慮が必要になってきます。医院内に吸気と排気の部屋を別に設け、常に医院内や患者様の口腔内に清潔な空気や水しか巡回しないように心がけています。)

『滅菌をしているから〇〇歯科へ行く』という患者様は、残念ながら今はまだ多くありません。

これは私の医療人としてのモラルだと信じております。

医院ポリシーのひとつでもある、『自分たちが受けたい治療を患者様にご提供する』という信念からも、スタッフを含め、みなさんに安心して今井歯科にお越し頂きたいと願っているからです。

B型・C型肝炎だけでも罹患患者は全国で400万人(日本人27人に一人)と驚異的な数値を示している中、欧米とは異なり日本には院内感染予防のための基準がないのも現状であります。

宮崎県の著名な先生のことばに『滅菌は愛である』、という言葉があります。
お口の中に、入れるものは全て滅菌をし、自分自身が受けたい治療を徹底してご提供しております。

以下は、私が信州大学医学部歯科口腔外科に在籍中に、行ったアンケート結果です。これは、日本口腔科学会総会にて発表した内容の要約文です。月日は経ちましたが、日本においてはまだまだ改善されていないのが現状です。

『超滅菌・消毒主義』

開業歯科医師に対する各種疾患を有する患者の歯科治療に関するアンケート調査結果

われわれは、各種疾患を有する患者さんの歯科治療に関して、その実態および歯科医師の意識を探る目的で、郵送によるアンケート調査を実施した。本報告では本アンケート調査内容のうち、院内感染予防に関する調査結果について報告した。対象は長野県中信地区の開業歯科医師247名。アンケートは封書、郵送にて行った。回答は105名より得られ、回収率は42.5%であった。回答者の内訳は男性91名、女性9名、記載の無し5名。経験年齢は最短5年から最長54年で、中央値が18年であった。結果は以下のごとくであった。

1,約2/3の歯科医師がいわゆる針刺し事故の経験があると回答した。

2,治療中の眼鏡、ゴーグルの使用は、全ての処置に使用64%、観血的処置のみ使用17%、使用していない18%であった。

3,治療中のグローブ使用は、全ての処置で使用47%、観血的処置のみ使用44%、使用していない10%であった。

4,グローブの交換頻度については、患者ごとに交換32%、半日に一回7%、1日に1回3%、汚染したら随時交換49%との結果であった。

5,アシスタントのグローブの使用は、全ての処置に使用59%、観血的処置のみ使用28%と医師と同様、使用率は約90%であった。

6,マスクの交換の頻度は、患者ごとに交換1%、半日に1回14%、1日に1回30%、汚染したら交換54%であった。

7,タービン・エンジンヘッドの交換の頻度は、患者ごとに交換21%、半日に1回10%、1日に1回21%、汚染したら交換48%であった。

8,デンタルユニットの清拭の頻度は、患者ごとに清拭24%、半日に1回12%、1日に1回35%、汚染したら清拭する27%であった。

ここまで今井歯科が如何に滅菌・消毒にこだわっているのかお分かり頂けたのではと思います。ここでは、これからの今井歯科の滅菌・消毒に対する目標レベルを掲げたいと思います。

先ず、診療室内の空気や使用する水の消毒レベルを上げることが大切になります。業務用の大型空気清浄機が入れており空気中の有害なウイルス・細菌は歯科診療に益々影響しないレベルになり、内科的疾患である様々なウイルス感染症や風邪による空気感染、飛沫感染も防げるようになります。また、使用する水に関しても殺菌水を導入しています。

この分野で日本の歯科医療をリードしていきたいと思います。

滅菌・消毒は患者様にわかり難く見えない部分です。そのため、その医院を運営する歯科医師の裁量に委ねられております。また、保険診療だけでは維持できないほどのコストと労力もかかります。

しかし、医療は安全第一です。

皆様の健康を維持するために、院内感染は絶対にあってはならない事です。歯科医師・歯科衛生士はじめスタッフ一同、まず安全を第一に考え、これからも質の高い医療をご提供できればと考えております。

まずはお気軽にお問合わせください

  1. インプラントって?
  2. 歯を抜けたままにしていると?
  3. このような方にオススメです
  4. 入れ歯やブリッジとの比較
  5. インプラントの寿命は?
  6. インプラント手術の流れ
  7. 骨が少ない時のインプラント
  8. インプラントの保証
  9. アフターケア

アクセス

048-999-5020

患者さまからのご感想

つくばエクスプレス『八潮』駅すぐ
〒 340-0822
埼玉県八潮市大瀬1-2-1
(つくばエクスプレス『八潮』駅
北口徒歩1分)
インプラントなら埼玉県、三郷、八潮、柏、草加、流山、つくば、松戸、足立区、綾瀬などにお住みの方はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ